ロゴ

音楽教室で早期段階からしっかりと教育!将来に繋がる特技

子供の感性を伸ばすには

子供の感性はあらゆる点で伸ばすことができます。絵画や音楽といった芸術が一番の近道だといえるでしょう。その中でも身近な音楽教室へ通わせることで、音から受ける印象を表現できるようになるというような、感性が備わります。

今読まれているコンテンツ

人形

赤ちゃんから音楽に馴染ませる!リトミックコースのある教室へ行こう

音楽教室の入り口として紹介されているリトミック。どういった能力が身につくのか、何歳から始めるべきなのかなどをまとめた読み物が音楽教育を考える保護者の間で人気です。

READ MORE
子供たち

子供が楽しいと感じられるように!音楽教室を探す際のポイント

音楽教室でピアノや電子オルガンを習わせる時、複数名でのグループレッスンや個人レッスン、どちらが子供にとってよいのか悩む親御さんのためのコンテンツです。

READ MORE
手

子供の将来を考えた音楽教室選びとは?体験してみればわかる!

ピアニストを目指すなら、大手教室へ通わせるべき?特別レッスンを受けなければいけないの?これからの子供の可能性に期待を膨らませる保護者必見の記事を公開しています。

READ MORE

[PR]子供を音楽教室に通わせよう
お試しキャンペーンを実施中!

[PR]お受験のために幼児教室を利用しよう
体験授業に参加すべし!

[PR]小論文の書き方を詳しく解説!
入試対策に役立てよう☆

[PR]英語教育は幼稚園生の内から!
専門スクールをcheck☆

[PR]福岡市の幼稚園を探す
学校情報を参考にしておこう

幼いうちから教育をスタート!音楽教室に通って生活に音楽を取り込む

キッズ

本格的に習い事を始めるなら3歳からがベスト

習い事を始めるのに年齢は関係ないと言われていますが、毎日の生活の中で「習い事」が当たり前であることを教えるには、3歳から始めることがベストです。親と言葉でコミュニケーションが取れる年齢でもあるため、自分の生活の中に音楽を取り込めるようにもなります。
音楽教室でも3歳児から鍵盤導入コースを設け、リトミックをメインに音とイメージを結び付け、情緒面を育てるカリキュラムを提供しています。この基本を作ることで、4歳児以降の鍵盤学習がスムーズに進むようになります。

音楽の基礎となる能力を身につけよう

乳幼児期から音楽系の習い事は必要ないと考える方ももちろん見られます。ただ、音を聞き分ける力や、音程を聞きとる力などは低年齢であるほど正確に備わる能力です。これらは音楽の基礎となり、楽典等の学習にも深く関わってきます。早い段階から音楽教室へ通わせることはとても賢明であると言えます。音楽の基礎となる能力を身につけることで、特技としてのピアノだけではなく将来の進路としてのピアノという選択肢も生まれることでしょう。