子供が楽しいと感じられるように!音楽教室を探す際のポイント
ロゴ

音楽教室で学べる楽器は様々!昔から人気の根強いピアノ

どちらがいいの?個人レッスンとグループレッスンを比較

習熟度に応じてレッスンができる個人レッスン

マンツーマン指導を行う個人レッスンでは、生徒の習熟度や音楽の方向性に応じた指導を行います。講師もフレキシブルにカリキュラムをくみ上げアプローチしてくれます。

カリキュラムに合わせてレッスンを進めるグループレッスン

同年齢の子供が複数名でユニットを組んで、授業形式でカリキュラムを履修するのがグループレッスンです。アンサンブル演奏などを経て協調性を身につけ、自分の役割に責任感が持てる子供にも育ちます。

子供に習わせたい!人気の楽器ベスト5

no.1

男女関係なくピアノが一番

身近な場所に教室がある、ピアノが弾ける子は学校でも目立つ等の理由からピアノが人気です。親が使っていたピアノを子供にも使わせたいという理由も目立ちます。

no.2

バイオリンで音楽ができる子に育てたい

ハイソサエティな雰囲気が漂うバイオリンは、幼少期から学ぶことが推奨されています。指導者や教室が少ないのがデメリットですが、子供用の分数バイオリン等も多く販売されています。

no.3

ドラムで体を使って音楽を表現できる子に

スーパーキッズとして紹介される子供には、ドラムが叩ける子供が多く見られます。体全体を使ってリズミカルにドラムが叩ける技術があれば、将来の特技としても自慢できるものとなります。

no.4

ギターで、将来はバンドマンに

アコースティックギターやウクレレ、エレキギターなどを教える教室が増えています。バンド活動などに欠かせないギターは、コード進行など音楽的な内容も覚えられるメリットがあります。

no.5

フルートで女性らしさを見つけてほしい

管楽器の中でもフルートは女性らしさをイメージできる楽器です。初期投資も高いものではありませんし、指導者も多いので、身近なところで始められる楽器と言えます。

子供が楽しいと感じられるように!音楽教室を探す際のポイント

子供たち

月謝はいくらかかる?

音楽教室ではステップ制をとることが一般的です。初級の場合、月4回のレッスンで3,000円程度から始まり、楽譜が1冊終えた・カリキュラムの履修が終了したという時点で「進級」という位置付けを行い、月謝を数百円ずつ値上げするシステムを取っています。ただ、音楽教室によってシステムや料金は変わるので、比較をしていくといいでしょう。

週1回のレッスンが一般的

週に1度のレッスンで学習し、自宅でおさらいや予習を行うというのが一般的なレッスンの過ごし方です。もちろん週に2回以上のレッスンを設定すると指導もより細やかなものとなりますので、力が付きます。力を伸ばしたいという方はレッスン回数を増やすとよいでしょう。

スキルの高い講師を選ぶ

講師の善し悪しによって、子供の習熟度に大きく差が出ます。指導講師のスキルが高く、多くの学習者を排出した講師のもとで教えを請うと、レッスンの方法やアドバイスがより的確なものとなり、短期間のレッスンだけでも大きく成長できます。

続けやすいところが良い

音楽教室がたくさんある中で、やはり習い事の定番はピアノで、男女問わずピアノを学習する子供が増えています。始めやすい・憧れという理由がきっかけとなることが多く、長期的に続ける子と、途中でやめてしまう子の差が大きいのも事実です。そのため、きちんと子供が楽しいと思えるところかもチェックしておきましょう。体験入学や講師の話を聞いてみることで判断できるはずです。